Vラインの埋没毛の治し方

Vラインの埋没毛の治し方の前に・・・
原因と埋没毛になりにくい処理を紹介

Vラインの埋没毛の原因となるNG処理

手抜きで処理することは絶対NG。
無理に抜くと出血してしまいます。
そこから細菌などが入り赤くなったり、毛嚢炎になってしまいます。

剃刀の逆そりは最小限に

キレイに剃れるかもしれませんが、
皮膚の表面を傷つけてしまい埋没毛に。

何度も繰り返していると肌が黒ずんできて、逆に肌が汚くなります。

Vラインの埋没毛になりにくい処理の仕方

Vラインからハミ出た毛をスキバサミで切る方法です。
自然な感じで毛量を減らすことができるのでおススメ

カミソリで毛を処理する場合には、クリームやジェルなどを塗って毛を柔らかくしてから剃る
また剃る時は毛の流れに沿ってゆっくり剃ること。

Vラインのま埋没毛の治し方

ある程度時間放っておけば、埋没毛は消えていきますが・・・

早めに治しておかないと色素沈着の原因になるので、素早い対処が必要です。

一番確実で簡単な方法は・・・

脱毛サロンです

安心なケアの方法といえば脱毛サロンです。

さいきんでは 1000円もかからず通い放題でVライン脱毛が出来るサロンもあります。

光脱毛なら皮膚に埋まった埋没毛もしっかり脱毛することが出来ます。

埋没毛を自分で治したいなら

フラッシュ脱毛器です。

埋もれ毛に脱毛機の脱毛光を照射するだけ!!

恐らくVラインに埋もれ毛が出ているなら既に限界まで毛を剃っているような状況だと思います。

なので、そんな場合はフラッシュ脱毛きを使って脱毛光を照射するだけです。

その箇所に脱毛光が集中するように1〜3回ほど光を照射します。

だいたい1週間おきに行います。

Vライン周りのムダ毛が伸びてきた場合はカミソリで剃ってから光脱毛機を照射します。

えっ、剃刀で剃るのが埋没毛の原因になるんじゃないと思われそうですが光脱毛機を使えば無関係です。

この行程を1カ月ほど繰り返せばVラインの埋もれ毛は、解消されると思われます。

その他には、除毛クリームがあります。デリケートな所ですので肌との相性には要注意です。

自己処理の方法も紹介しましたが、時間がかかり、処理残しのリスクがあります。

もし、あなたが、埋没毛を楽して、きれいに処理したいなら・・・

人気の5つのサロンで決まり 詳しく知りたい方は今すぐクリックして確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする